住宅が定額制であるメリット #店長流

#店長流

2023.02.15

writer
明工建設株式会社

実はこれはとんでもない改変なんです

いろはいえは定額制。

1680万円(24坪)1840万円(30坪)この大きさであれば、自由に設計しても価格は変わりません。

簡単なルールと制限はありますが、ほとんど自由に自分の好きにすることが出来ます。

また、この価格には住宅本体はもちろん、家ではないが家を建てるために必要な費用、申請費用や設計費用、カーテンや照明器具なども含んでおり、本当にワンプライスでの建築が出来ます。

あとは、土地と土地に掛かる雑費ローン経費くらいになります。

これを聞いてどう思いますか?

実は多くの人がこのことを聞いても『当たり前』としか思いません。

だって、車だって服だって、野菜に、宝石。

全部こう言った買い物が当たり前ですよね。

物を買うのに値段が決まっていて、その値段と価値を比べて買い物をするこれが買い物の常識です。

実は住宅、特に注文住宅はそんな常識がまったく通用しない世界なんです。

その常識が何十年と続いてきたのがこの業界。

だから、定額制をうたえるいろはいえは、実はかなりの改変を起こしていると言えるんです。

今回はそんな大改革でもある『住宅の定額制』のメリットについてお話いたします。

一般的な住宅の値決めって?

メリットを知る前に、まずは注文住宅の値段の決め方を説明します。

まず、これから先を読む前に、色々な住宅会社さんのホームページを見てください。

多くの会社が値段についての記載がないことに気が付けたでしょうか?

そう、日本の住宅特に注文住宅はそのほとんどが値段が決まっていません。

ならどうやって買うのか?値段が無い物は買うことが出来ませんよね?

同じように売る側も、値段が無ければ売ることが出来ません。

なので、まずは売る側も買う側も値段を作ることから始まります。

『値段を作る』冷静に聞くと凄いことですよね^^;

値段を決めるには、家の大きさや家に使う器機の選定、土地に掛かる費用の算出や経費の算出など、実際にかなりのことを行い、それに対する報酬額を決め、そこで住宅の価値が決まります。

この内容は多岐に渡り、また土地の条件なども絡み、調査もかなりの量が必要なるためそんなに簡単に算出が出来ません。

なので、実際に値段が出てくるのは話を始めて、数か月かかることが一般的です。

しかし、こんなに時間が掛かってはお客様も決めることが中々出来ないので、概算と言う簡単に言うと適当な値段で話が進んでいきます。

なので、概算では話が問題無くが進んでいたことも、実際の値段になると予算が合わないなどの問題になることが多くあります。

数か月間掛かって家が建てられないことが分かった・・・

そんなことが一般的なのが注文住宅の値決めであります。

定額制のメリットとは?

さて、一般的な値決めをする価格設定とは異なり、いろはいえの価格設定は定額です。

なので、一般的な買い物をする感覚で予算を決められることが一番のメリットです。

その他にもメリットがあるので順にあげていきます。

1,予算のオーバーが防げる

住宅購入者の一番の後悔を上げてもらうランキングなどで、いつも上位もしくは1位になるのが『予算のオーバー』

先ほども話した通り、住宅の話は数か月にも及びます。

その間に色々な物を見たり聞いたりすると、最初は興味も無かったものも欲しくなったり、最初は考えていなかったものが必要になってきたりと、予算は段々と上がり調子になります。

また、売る側も同じ一軒なら1円でも高い方が嬉しいですから、値段が上がるような素敵な提案を色々してくれます^^;

そういったこともあり、予算がオーバーするのはいわば予定行事とも言えることなんです。

それがいろはいえなら防げます。

値段が定額なので、予算が増えることがありません!!!

・・・・と言うのはちょっと話が違って、いろはいえでも予算が上がることはあります。

いろはいえは性能も品質も良い物なので、それ以上にする必要はありませんが、それ以上にしたい方の希望を止めることは致しません。

また、土地の状況によっては思わぬ予算が必要な場合もあります。

なので、絶対に予算がオーバーすることがないとは言い切れませんが、一般的な予算決めよりも圧倒的に予算が管理しやすいのが定額制なんです。

2,打ち合わせ時間が大幅に短縮できる

先ほど一般的な注文住宅では値決めに数か月かかると言いました。

実際にはこの数か月の中の1/3くらいの時間は、値決めの作業に使われます。

長い時間打ち合わせをしても、値段が希望と合わないと買えないし、ローンも組めないので、最終的には値決めの作業に多くの時間が割かれます。

一生に一度の大切な住宅ですので、時間を掛けることは悪いことだとは言いません。

しかし、多くの方が仕事や子育てなどで大変な時期に、折角の休み日や仕事終わりの短い時間などを使って打ち合わせをしていきます。

そんな環境ですので、多くの方が疲れ果ててしまし、結局は『もうどうでもいい・・・誰か決めちゃって・・・』なんて気持ちで家造りをしてしまいます。

なので、住宅の打ち合わせは体力と頭が疲れていない短い時間での打ち合わせが重要となります。

その点、価格が決まっているいろはいえは値決めをする時間が短くて済むので、多くの時間を建物の話に使えます。

これは意外かもしれませんが、かなり大きなメリットです。

3,余計なお金を払わなくて済む

個人的にはこれが一番のメリットだと思っています。

先ほどお話しましたが、一般的は予算決めの際に色々な物を決めた後に、各社それぞれの報酬を決めるって言いました。

『この各社それぞれ』に大きな問題があり、多くの会社がかなりの高額な金額を設定しています。

この高額なことの問題は、この高額な報酬の多くに余計な予算、いわいる『値引き』の予定枠があることです。

それが私の言う『余計』な予算です。

この余計な予算を多くの方は、気にせず支払って家を建てています。

理由はそんな額が設定されていることなんて、予算書には書いてありませんから余計なお金を払っているとは知らないんです。

本当にこのお金もったいないですよね・・・・家の品質UPにも工事の人への報酬にもならないのですから・・・

しかし、他社との競合しているお宅は違います。

他社さんと見積りを比べたら、他社の方が数百万円安い。

だから他社にしようと思います・・・そんな会話をすると営業マンからちょっと待ったの声が。

そして、出精値引きとか店長値引きとか、もっと行くと静岡エリア長値引きなんて名前で値下げの提示が入ります。

その値引きを含めると他社よりも安くなるので、当社で契約をしましょう!

そんなある意味、メーカーからしたら、悪をくじき弱気を助ける時代劇のような決まったシナリオのある意味住宅番のするために、『値引き』の枠が必要不可欠なんです。

これは過去の私の体験の話ですが、競合していた他社さんは当時私が出した見積りよりも800万円程度高かった案件がありました。

しかし、他社さんはこの値引きの力で、なんと当社の見積りよりも金額が下がり、それで他社さんで契約をしたという体験があります。

住宅は数千万円するので、800万円でも4000万円もする住宅総額からしてみれば20%程度となることもあり、20%OFFって言われたらそんなもんかな?なんて思えるかもしれません。

ただ、住宅の金額の大体6割~9割は、住宅を建てる材料費や労務費に充てられます。

つまり会社の利益は多いところ(大手ビルダーに多い)で40%少ないところでは10%(中小工務店に多い)しか利益がありません。

つまり、もし800万円が住宅価格のの20%以上だったとしたら、会社によっては自社の利益以上の大金となり、利益が0円で家を建てることになります。

そんなことをしていたら、会社は1年も経たずに倒産します。

だから多くの会社はこの値引きをしたければ、最初からこの800万円を見積り額に入れておく必要があります。

実際には、さすがに800万円までは予定していない会社が多く、多くても数百万円だと聞いています。

そんなことよりも実際の問題なのは、このお金はお客様から値引きを請求しないと1円も値引かれないこと。

つまり、買う人によって予算の額に大きな不公平があると言うことなんです。

私の知っている会社では、この値引き予定額を使わずに契約をすると、営業マンに成功報酬として支払うと言った会社もありました。(今はどうなのかは分かりません)

しかし、いろはいえでは定額な為に値引きはありません。

全国で一律な金額を設定しているので、そこは徹底しています。

だから、誰にでも公平な値段を提供出来ています。

これって人と人の関係では、当たり前なことですよね?

住宅会社がの多くがなぜこういった風潮になったのか、しっかりとしたことは分かりませんが、よく言われているのが、住宅の最大手ビルダーの多くが関西に本社があり、関西の値引き文化がそのビルダーから伝わっていったと言ういものです。

個人的には会社が何とか頑張って出した値引きなら嬉しいのですが、最初から予定されている値引きは気持ちが悪いし、人によって不公正がある値引きになるので嫌悪感があります。

まとめ

今回もいつも通り長文になってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

定額制を言われると、分かりやすいとか、明瞭であるとか程度の捉え方をされますが、本当はそれ以上のメリットがあることが分かって頂けたと思います。

一般的な住宅は、昭和時代のお金も時間もあった時代のやり方が未だに浸透しています。

いろはいえはそこを変革し、今の時代にあった満足できる家造りをしています。

興味がわいてきた方はぜひ、お問い合わせ下さいね^^

商品ラインナップ

ライフスタイルに合わせて
デザイン・好みの性能・仕様が選べます。
完全自由設計だからアレンジも可能です。

テキスト画像:商品ラインナップ一覧テキスト画像:商品ラインナップ一覧

商品ラインナップ

ライフスタイルに合わせて
デザイン・好みの性能・仕様が選べます。
完全自由設計だからアレンジも可能です。

テキスト画像:商品ラインナップ一覧テキスト画像:商品ラインナップ一覧
  • ワンプライスで家が建つこと
  • 理想の家づくりを実現
  • 定額制で叶える、三階建ての家
  • “スキ”から始める、家づくり
  • インテリアが暮らしを作る
  • 家事の時間をアイデアで短く
  • できるコトが広がる、ちょっと未来な暮らし方。
  • 自然素材の中で暮らすという選択
  • 強くてしなやかなレジリエンス住宅

ONE PRICE,
FREE DESIGN

間取りは 完全自由設計

写真:おしゃれな寝室

IROHA.IEの最大の特徴は、
ワンプライスで家が建つこと。
ルール内であれば価格はそのまま

間取りは完全自由設計

建設に関する
専門の知識や間取りについて
わからないことは
プランナーやコーディネーターが
サポート致します。

お問い合わせ 
写真:リビングのローボードとローテーブル
写真:部屋のインテリア。ハンモックタイプの椅子や自転車、壁にかけたサーフボード
写真:おしゃれな玄関、向きを揃えてディスプレイされた靴
写真:ナチュラルテイストのキッチン